海外留学で現地の語学や文化と触れ合う~語学スタディサイト~

案内女性

効率良く学べるスクール

国際交流

日本語学校で働く際に必要になるのが、日本語教育能力検定です。日本語教育能力検定とは、日本語を教える教師として、必要な知識を持っているかどうか判断する検定になります。日本語教師として働くために、必ず日本語教育能力検定の資格が必要というわけではありませんが、就職する際にはとても便利になります。その理由は、日本語教育機関の求人では、日本語教育能力検定の試験を合格しているか、大学で日本語の主専攻や副専攻の資格を持っているか、などが見られることが多いからです。ですから、日本語教師を目指している人は日本語教育能力検定を合格しておいたほうが良いのです。

日本語教育能力検定試験を受けるなら、しっかりと対策する必要があります。独学で学ぶということもできますが、独学ではどういう風に勉強すれば良いのかわからないですし、疑問を持っていても解決するのに時間がかかってしまいます。日本語教育能力検定の対策を行なっているスクールに通えば、分からないことがあったらすぐに講師に質問することができるので、疑問解決までに時間が短いです。また、日本語教育能力検定試験合格、という同じ目標を持った人と出会えるというのもスクールに通う大きなメリットです。スクールは日本語教育能力検定試験のノウハウを持っているので、効率良く勉強することができるのです。ただ、スクールに通うとなると学費がかかってしまうので、お金に余裕がないという場合は厳しい人もいます。スクールに通えないという場合は、通信で学ぶという方法もあります。通信ならスクールよりも費用が安いですし、効率良く勉強することもできます。ただ、1人で勉強することになるので、集中力が必要になります。